書道研究科 主な授業内容
楷 書 幅広い様式を取り上げ、それに応じた創造的な書表現を学習します。
行 書 創作力を養い、古典を通じて実用書にも対応できる書法を研究します。
草 書 行書や仮名と関連させた、より専門的な学習を展開します。
隷 書 基本から発展して様々な個展を取り入れると共に幅広く作品づくりを学習します。
篆 書 周代の多種多様な『金文』を題材に、現代的な自己表現方法を学習します。
硬筆書写研究 硬筆や筆ペンの創作方法を含め、実技と理論の両面から書写を研究します。
仮名書法研究 色紙や全懐紙を学習した後、全紙を用いて大字仮名作品にも挑戦します。
臨 書 より高度な古典の書法を修得し、倣書や創作を通じて自己表現法を学習します。
漢字仮名交じり書 様式や用具用材、題材による表現効果など、より高度な書表現を研究します。
条幅演習 全紙や扁額など、多様な様式に応じた創造的な書表現を学習します。
実用書式 冠婚葬祭や祝儀・不祝儀袋の表書き等、生活に役立つ実用書式を学習します。
書式研究 賞状や表札、看板などの書式を学習。創作とは違う書の奥深さを体感。
書道概論 書壇や社会教育からも書写・書道を捉え、現代における書の意義を考察します。
書画研究 観峰館所蔵資料の鑑賞や、歴史的意義、保管方法などを学びます。
篆刻・拓本実習 篆刻は落款印を作成。拓本実習では原寸大の石碑で拓本採りを体験。
特別講義 書写・書道教育を牽引する講師による、より専門的な文字学習を行います。
毛筆書写研究 小・中・高等学校の学習指導要領に則った書写・書道教育を中心に研究します。
漢詩文・国語研究 文字の歴史を辿り、文字構成法や文例および専門的な表現法を学びます。
指導法 書に関する基本的な理論を学び、演習形式で発表します。