オープンキャンパス 全国各地で学校説明会も開催 開催の案内はこちら
ちょっと気になるオープンキャンパスのようすをYouTubeでチェック!

プロモーションビデオ

オープンキャンパス風景

学校説明会

メリットいっぱいAO入学制度
社会人の皆様へ
保護者の方へ
資料請求
学生作品
最新情報
最新情報

平成最後の 新入生歓迎 ボーリング大会


淡海では毎年、この時期になるとボーリング大会が行われます。新入生と在校生(先輩)、常勤の先生と仲良くなるために在校生主催で行われます。

各レーンに4~5名、新入生、在校生、先生が1つのレーンに入るようにしています。

このボーリング大会は、学校では見られない素の自分を出すことが目的です。そうすることで親近感が湧き、みんなとの距離もグッと近くなります。

そして、1週間後は校外研修(紙漉き体験)になるのですが、その時にはもっと楽しい時間を過ごせるようになります。

楽しくなければ書道も上達しません。全国から集まり、初めての一人暮らしで不安と緊張がある中、少しでも早く学生同士が分かりあうことで、次のステップに行けると思います。

 

 

学生会長 あいさつ  親睦を深めて楽しみましょう!!

学生会長 あいさつ  親睦を深めて楽しみましょう!!

100本ボーリング 今年はパンダ!!?   

100本ボーリング 今年はパンダ!!?

みんな仲良くなりました。

みんな仲良くなりました。

ん? パンダの人?? ストライク! やったね!

ん? パンダの人??
ストライク! やったね!

何が可笑しかったのか、笑い崩れている生徒を心配する先生

何が可笑しかったのか、笑い崩れている生徒を心配する先生

学生会長と「はい!チーズ」

学生会長と「はい!チーズ」

みんな打ち解けあいました(笑)

みんな打ち解けあいました(笑)

ボーリングの後は豪華な夕食! みんな腹ペコです ^_^

ボーリングの後は豪華な夕食! みんな腹ペコです ^_^

在校生が準備したボーリングの景品。何をもらったのかな~

在校生が準備したボーリングの景品。何をもらったのかな~

ボーリングの景品で、大盛り上がり!!

ボーリングの景品で、大盛り上がり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


卒業・・そして卒業作品展


卒業式が終わって1週間が経ち学校は、つかの間の静寂に包まれています。

39名の学生が本校から巣立ち、新しい人生に希望と不安をいだいて、出会いの4月を迎えます。

また、4月から淡海に入学する新入生も同じ気持ちなのでしょう。

現在、淡海では卒業作品展を行っています。

師範科は1年間、研究科は2年間。人生の中で一番書道に集中した時期だと思います。

学生たちの力作を是非、見に来てください。

 

日時  3月12日(火)~4月2日(火)        平日9時~16時

場所  観峰館別館(本校校舎)             滋賀県東近江市五個荘竜田町136

電話  0748-48-20323

卒業作品展 ご案内

卒業作品展 ご案内

卒業式 卒業証書授与

卒業式 卒業証書授与

卒業式 2回生答辞

卒業式 2回生答辞

謝恩会 1回生余興①

謝恩会 1回生余興①

謝恩会 1回生余興②

謝恩会 1回生余興②

謝恩会 2回生余興

謝恩会 2回生余興

謝恩会 校長先生に目録贈呈

謝恩会 校長先生に目録贈呈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


卒業制作 頑張ってます \(^_^


1月は祝日やイベントが多く、「観峰館の書初め大会」「成人の日」「オープンキャンパス」学校スタートは7日からなど・・・

1月の卒業制作は時間が少ない中、担当の先生と話し合いながら一緒に作品を作り上げていきます。(締め切りは1月31日です)

ある学生は2800文字を全紙に書き、ある学生は作品の構成に悩み、作品制作の難しさを体験しながらも楽しんでいるようにも見えました。

限られた時間で計画的に作品を作り上げていく勉強もこの卒業制作の目的ですが、学生にとっては、いつの間にか終わってしまったと思う感じでしょう。

全紙を横に淡墨(墨を水で薄めた)でダイナミックに・・

全紙を横に淡墨(墨を水で薄めた)でダイナミックに・・

古典の特徴、書ぶりを学んでいます

古典の特徴、書ぶりを学んでいます

1200文字を全紙に書いています

1200文字を全紙に書いています

作品を吊るして、余白、文字の大きさなど見ています

作品を吊るして、余白、文字の大きさなど見ています

悩み中 (^_^;)

悩み中 (^_^;)

広い部屋で、みんな集中して書きます

広い部屋で、みんな集中して書きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実用書式は生活に密着しています


11月も中旬になり、紅葉が色鮮やかになってきました。

今日は、実用書式の授業について、お伝えいたします。

本校の実用書式は「表札」「のし書き」「祝辞」「洋封筒」「和封筒」「手紙」「はがき」などを正しい書式で、毛筆を使って書いていきます。

今回の写真は、「お祝い封筒」「不祝儀封筒」の練習しています。線の太さや文字の大きさ、筆への墨の含ませ方まで小さい文字だからこそ、慎重に進めないと綺麗にまとめることはできません。

丁寧に全体を見ながら書くのは大変ですが、学生たちは楽しんで書いていました。

講師による細かい解説

講師による細かい解説

半紙に練習

半紙に練習

和気あいあい。楽しく学んでます。

和気あいあい。楽しく学んでます。

のし紙に清書中‼

のし紙に清書中‼

研鑽とは 良き書友があってこそ! です

研鑽とは 良き書友があってこそ! です

中紙に住所を記入。気が抜けません!

中紙に住所を記入。気が抜けません!

 

 

 

 


夏季集中講座


本校では8月20日より「夏季集中講座」と題して毎年、大学の先生を招いての講義、授業の復習や補足などを行います。

今回は、東京学芸大学名誉教授であり、前文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、全日本書写書道教育研究会理事長の長野秀章(竹軒)先生を招いて午前中は「書写の大切さ」についての講義、午後からは「漢字かな交じりの書」について実技を交えながらの楽しいトークで学習しました。

話の中で、長野先生から「書は白を書く芸術」 「白を計算して書くことが大切」と言う話がありました。

私たちは墨(黒色)で半紙や画仙紙(白色)に文字を書いていきます。ついつい墨で書いた黒い線にばかり目を向けがちですが、白い部分には、なかなか目向けることができていません。

書とは白と黒とのバランス、コントラストによって、見る人の心を打つ芸術です。

広い視野を持って作品を見ることの大切さを教えていただきました。

次の日には「臨書発展」と題し明時代、清時代の書について学び、その他には日本の和様について学んだりして、技術と知識の両方を吸収しました。

最終日には、書を使った楽しい内容(蒔絵を使って墨池のふた、どんぶり、スマホケースなどに文字を書いたり、窓付き色紙に書写の文字でメッセージを書く)をしました。この内容は教室を開いたときに子供たちや成人の方々と楽しめるイベント例として体験してもらい、各自で楽しい催し物を考えてもらうための一つとして行っています。

暑い日が続いていますが、すぐ秋になり、冬になり「あっ」という間に卒業となります。残り半年となりますが、この夏までに学んだことをしっかり身に付けていただき、卒業に向けて頑張ってください。

長野先生講義 書写の大切さを説いています

長野先生講義 書写の大切さを説いています

長野先生講義 自分を解き放つ(漢字かな交じり)

長野先生講義 自分を解き放つ(漢字かな交じり)

長野先生講義 書をする意味を解説

長野先生講義 書をする意味を解説

硬筆書写 下書きを基に書いています

硬筆書写 下書きを基に書いています

硬筆書写 上手に書けました

硬筆書写 上手に書けました

レジン液を使って磁石の頭に印を押した紙に付けています

レジン液を使って磁石の頭に印を押した紙に付けています

レジン 乾かし中

レジン 乾かし中

蒔絵 カップに書きました

蒔絵 カップに書きました

蒔絵 みんな一生懸命書いています

蒔絵 みんな一生懸命書いています

蒔絵を使って墨池硯のフタに書きました

蒔絵を使って墨池硯のフタに書きました

 

 

 

 

 


 

資料請求 TEL0748-48-2032 資料請求フォーム