オープンキャンパス 全国各地で学校説明会も開催 開催の案内はこちら
ちょっと気になるオープンキャンパスのようすをYouTubeでチェック!

オープンキャンパス風景

学校説明会

メリットいっぱいAO入学制度
社会人の皆様へ
保護者の方へ
資料請求
学生作品
最新情報
最新情報

夏季集中講座


本校では8月20日より「夏季集中講座」と題して毎年、大学の先生を招いての講義、授業の復習や補足などを行います。

今回は、東京学芸大学名誉教授であり、前文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、全日本書写書道教育研究会理事長の長野秀章(竹軒)先生を招いて午前中は「書写の大切さ」についての講義、午後からは「漢字かな交じりの書」について実技を交えながらの楽しいトークで学習しました。

話の中で、長野先生から「書は白を書く芸術」 「白を計算して書くことが大切」と言う話がありました。

私たちは墨(黒色)で半紙や画仙紙(白色)に文字を書いていきます。ついつい墨で書いた黒い線にばかり目を向けがちですが、白い部分には、なかなか目向けることができていません。

書とは白と黒とのバランス、コントラストによって、見る人の心を打つ芸術です。

広い視野を持って作品を見ることの大切さを教えていただきました。

次の日には「臨書発展」と題し明時代、清時代の書について学び、その他には日本の和様について学んだりして、技術と知識の両方を吸収しました。

最終日には、書を使った楽しい内容(蒔絵を使って墨池のふた、どんぶり、スマホケースなどに文字を書いたり、窓付き色紙に書写の文字でメッセージを書く)をしました。この内容は教室を開いたときに子供たちや成人の方々と楽しめるイベント例として体験してもらい、各自で楽しい催し物を考えてもらうための一つとして行っています。

暑い日が続いていますが、すぐ秋になり、冬になり「あっ」という間に卒業となります。残り半年となりますが、この夏までに学んだことをしっかり身に付けていただき、卒業に向けて頑張ってください。

長野先生講義 書写の大切さを説いています

長野先生講義 書写の大切さを説いています

長野先生講義 自分を解き放つ(漢字かな交じり)

長野先生講義 自分を解き放つ(漢字かな交じり)

長野先生講義 書をする意味を解説

長野先生講義 書をする意味を解説

硬筆書写 下書きを基に書いています

硬筆書写 下書きを基に書いています

硬筆書写 上手に書けました

硬筆書写 上手に書けました

レジン液を使って磁石の頭に印を押した紙に付けています

レジン液を使って磁石の頭に印を押した紙に付けています

レジン 乾かし中

レジン 乾かし中

蒔絵 カップに書きました

蒔絵 カップに書きました

蒔絵 みんな一生懸命書いています

蒔絵 みんな一生懸命書いています

蒔絵を使って墨池硯のフタに書きました

蒔絵を使って墨池硯のフタに書きました

 

 

 

 

 


指導法の授業


淡海に入学して2カ月が過ぎようとしています。

今日は、指導法(一回生)の様子をお知らせします。

淡海は書写・書道の指導者を養成する学校ですので「教える」と言うことにも力を入れています。

本校の初代校長も「教えることは、学ぶこと!」とよく言っていましたが、教える立場で物事を考える方が、一人で学習している時よりもいろいろ考えさせられ、深く勉強することになります。

今回の授業では、添削(作品に朱筆で手直しする)の勉強をし、添削で大切なこと、作品の見方、添削の仕方、ポイントなどを学習しました。

皆さん、思った以上に朱筆を入れたり、伝えたいことが上手く伝えられなかったりと苦労をしていましたが、そこから多くのことを学ぶことができたと思います。

指導者として、また書の実力向上も含めて、まだまだ勉強することがありますが、着実に実力が付いてきていることに気付いている学生は少ないでしょう。

それに気づくのは・・・ 次回の投稿をお楽しみください。

書画カメラでポイント説明
書画カメラでポイント説明
添削に挑戦

添削に挑戦

たくさん朱筆をいれすぎたかな?

たくさん朱筆をいれすぎたかな?

大切な作品です。慎重に朱を入れます。

大切な作品です。慎重に朱を入れます。

添削するところに悩みます。

添削するところに悩みます。

いつもと立場が逆になりましたね。

いつもと立場が逆になりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2回生主催 ボーリング大会


4月19日(木) 2回生主催のボーリング大会が行われました。

この行事は、「新入生との距離が少しでも縮まるように」という2回生の思いから、学生同士の交流の場として毎年この時期に行っています。

今年は70名を超える参加者でボーリング場のレーンを全部貸し切りにして行いました。

最初の200本ボーリング(オープニングセレモニー)では、2回生の学生が代表で投球しました(写真参照)ところ、なんと!!!

全部倒れてしまいました。やったああぁぁぁぁ(ノ*´_●`)人(*`・∀・´*)人(´●_`*)

最初のうちは、静かだったレーンもストライクが出たり、スペアが取れると少しづつ笑い声やお話声が聞こえてきて2ゲーム終わるころには、あちこちで笑顔がでていました。

また、ピンが倒れるか、倒れないかに一喜一憂しながら、楽しくお話をしながら打ち解けあっていきました。

ボーリング大会終了後はお食事会が催されましたが、みんなお腹がペコペコで「あっ」という間に豪華なお弁当も味わうことなく食べ終わってしまいました。(運動の後のご飯は美味しいです)

お腹が落ち着いたころに成績発表とプレゼントの抽選会をして、楽しい時間をみんなで過ごしました。

一つのレーンに200本。

一つのレーンに200本。

私が200本倒しました!!

私が200本倒しました!!

みんなで仲良く「ハイ チーズ」

みんなで仲良く「ハイ チーズ」

一人異常に低いフォームの人が・・・(笑)

1人異常に低いフォームの人が・・・(笑)

ナイス ストライク!!

ナイス ストライク!!

みんな楽しんでいます。

みんな楽しんでいます。

ピンを倒して「イエーイ」 タッチ!!

ピンを倒して「イエーイ」 タッチ!!

ゲームの後はお腹がペコペコ

ゲームの後はお腹がペコペコ

景品は何が当たったのかな?

景品は何が当たったのかな?

豪華なお弁当に舌鼓

豪華なお弁当に舌鼓

楽しい一日でした。

楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


卒業式 & 謝恩会


3月10日土曜日 第33期 卒業式が本校にて行われました。天候にも恵まれ晴天の中にも少し肌寒さが残る空気の中での卒業式となりました。

卒業生21名(師範科8名、研究科13名)は、艶やかな袴姿で最後の教室で友達や先生と写真を撮りあっていました。

長いようで短い淡海での学生生活は、これからの人生の中で記憶に残ることは間違いないでしょう。

また、同じ「書道」という道を目指し切磋琢磨した友人は、卒業後も続く一生の友人になることでしょう。

つづいて卒業式の後は、謝恩会です。

1月から準備を進めてきた学生たちにとっては、ある意味最後のイベントです。

スライドショーや出し物、先生方や学生、保護者に対しての質問コーナーなど趣向を凝らした内容が盛りだくさんあり、楽しい時間はで「あっ」という間に過ぎてしまいました。

これで、本当に卒業と思うと名残惜しむ学生も多かったのですが、別れがあれば新たな出会いもあります。思い出を胸に、新たな世界に羽ばたいて活躍されることをお祈りいたします。

ガンバレ 淡海生!!

先輩と一緒に・・・

先輩と一緒に・・・

自撮りで「はいポーズ」

自撮りで「はいポーズ」

同期と作品の前で記念撮影

同期と作品の前で記念撮影

仲良し在校生と「はいチーズ」

仲良し在校生と「はいチーズ」

卒業証書授与

卒業証書授与

卒業証書を手に・・・

卒業証書を手に・・・

謝恩会 学生から先生へメッセージ

謝恩会 学生から先生へメッセージ

謝恩会 余興

謝恩会 余興

謝恩会 質問タイム

謝恩会 質問タイム

謝恩会 最後の挨拶 先生ありがとうございました

謝恩会 最後の挨拶 先生ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


卒業制作


新年 あけましておめでとうございます。

皆さまにとって、輝かしい1年になることをお祈り申し上げます。

さて、新年を迎えて正月気分でゆっくりしたいところですが、学生にとっては1年の中で一番忙しく大変な時期になります。

1年もしくは2年間の集大成。卒業制作は一生思い出に残るだけでなく、作品集に掲載されることもあり、印刷物として文字通り一生残ります。また、作品集は全国のお習字教室の先生のところにも送られたり(希望者のみ)、ホームページに掲載されたり、地方での学校説明会で展示されたりと多くの人に書いた作品を鑑賞されます。

と言うことで学生も先生も、この時期は本当に大変です。

 

苦労して完成させた作品は、何物にも代えられない充実感と達成感を学生たちは、味わうことになるでしょう。

ガンバレ !  淡海生 ! !

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景(指導)

卒業制作風景(指導)

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景

卒業制作風景(指導)

卒業制作風景(指導)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

資料請求 TEL0748-48-2032 資料請求フォーム